東京地裁に入る堀江貴文被告
16日[河口貞史撮影]

ライブドア前社長のホリエモンが2007年3月16日、
東京地裁から証券取引法違反の罪で2年6ヶ月の実刑判決を受けた。
06年1月の逮捕時にはネット上の掲示板やブログで、
ホリエモンを罵倒するカキコミと、
応援のカキコミが入り混じり騒然となったが、
今回は「ネット上の空気」が当時とかなり違う。
「日興との比較で不公平だ」といった批判が多かった。

日興コーディアルとライブドアの差は何?
判決日が近づいた07年1月27日、
ヤフーのQ&Aサイト「知恵袋」にこんな質問が出た。

「日興コーディアルとライブドア、検察の動きの差は何? なんかありそうですね?!」

ベストアンサーに選ばれた回答は、

「ライブドアの起訴容疑と比べても遥かに巨額(粉飾の疑いが300億円)です。 (会計操作の)手口は似てますが、ライブドアの手口は単純でSPCを連結外にして子会社株式の売却益を利益計上しただけですが、日興の手口は、そこにEB債を組み合わせた、より高度で複雑な手口です」
と日興の悪質さを指摘した。

2ちゃんのカキコミも、
ホリエモンと日興を絡ませたものが目に付く。

「堀江が有罪は当たり前なんだけど、なんか納得行かない」
「日興コーデイアルは?上場廃止にもならず、逮捕者も出てない」
「日興があんなんだから堀豚にはマジで同情する。これはどうみても不公平」
「上に逆らうから、こうなるんだよ。利益誘導したり、天下りを積極的に受け入れたり、そういうことをやっていかないと企業は生き残れない」
「これで宮内が執行猶予だったらすんげー笑う。法治国家とか言うレベルじゃない。指示された判決だったと思うぞ」

「司法に失望した」と橋下弁護士が吼える

橋下弁護士、ホリエモンの有罪判決に吼えまくる(テレビ朝日より)
そして判決後の07年3月16日、「ヤフー掲示板」はこんなカキコミであふれていた。

「日興も有罪だったら、『やっぱり粉飾は悪いよね』くらいだなんだけど。ホリエモンは好きじゃないけど可哀想になった」
「一番汚いのは日興の連中と、東証のグル連中。ホリエモン君、悔しいだろうが、世の中とはそんなモンだよ」
「同じ粉飾決算でホリエモンは実刑で日興コーディアルは逮捕者ゼロ?どうして!なんだ 当局は説明責任があるはず」
橋下徹弁護士は07年3月16日、テレビ朝日系「スーパーモーニング」で、「バランスを欠いた判決だ!」として、こう吼えた。

「僕はもう失望しました。司法というのにね。利得に注目するのなら詐欺罪でもなんでもやればいいわけで、(罪に問われたのは)有価証券報告書の虚偽記載ですよ。政治資金収支報告書の虚偽記載はどうなってるんだ、ということですよ。世の中、バランスがあって、こんな事で、実刑で、しかも、反省の態度がないと言っているが、否認して争っているわけで…。(罪を)認めないと執行猶予がつかないと言うのなら、冤罪事件は山ほど出る。刑の均衡を見て、しかも社長を辞任しているわけですから、再犯ってないわけですよ。世間になびいてるとしか思えない」

http://www.j-cast.com/2007/03/16006237.html

問題の2社を比較すると、

◆ライブドア
【容疑】グレーゾーンの粉飾疑惑15.8億円
【制裁】東京地検特捜部が強制捜査、社長を逮捕、上場廃止、関連会社も即時掛け目0、4年の実刑を求刑

◆日興コーディアル
【容疑】会社ぐるみで140億円粉飾の後、500億円もの社債を発行
【制裁】売り上げた500億円のうち5億円の課徴金でOK、社長交代予定、監理ポスト(2ヶ月ほど株価が下がるだけ)

やけにライブドア(ホリエモン)に厳しい検察・・・・

公判での論点としては、
事件は前社長の主導だったのか?
投資事業組合を介した自社株売却益の売上高計上は可能か?
前社長が粉飾を指示したとの宮内被告の証言は信用できるか?
など。

検察側は「宮内証言」は信用できるとしたうえで、
事件はすべて前社長が主導したと位置付け、
粉飾も指示したと主張し、ファンドはダミーで、
自社株売却益は資本に計上すべきで売上高計上は違法と強調していました。

これに対し前社長側は、ファンドには実体があるため、
自社株売却益はファンドからの配当に当たり、
売上高計上できると反論しており、
また、宮内被告は自らの横領疑惑に捜査が及ぶことを恐れて、
検察と取引して「堀江主導」を証言したと主張していくという、
真っ向勝負を繰り広げてきました。

しかし、
司法が下した結果は、2年6ヶ月の実刑判決
厳しいものになったようですね・・・

当然の如く、即日控訴したホリエモン。
判決を覆すのは厳しいとは思いますが、

今後、日興コーディアルグループの件を使って
検察側を責め立てていく事になれば面白いかもしれません。


現在のホリエモンの資産については、
・28億円のジェット機。
・2000万円程度の2台の車。
・200億の銀行預金。
・100億以上の有価証券。
とも言われています。

これだけ資産があれば、罪を認めて反省し、
小坂裁判長が仰ったように、
能力を生かして再出発という案も悪くはないような気もしますが・・・

当人は納得いかないでしょうね。