クリスマスや年末年始に狙い目の案件

Twitterでは書ききれないので
久しぶりにブログに投稿します。

クリスマスや年末年始などイベントの日には
・紅白の出場歌手や曲名
(今年は植村花菜/トイレの神様が狙い目かな?)
・クリスマスデコメやあけおめデコメ
・カニの通販
・旅行系
などなどありますが

他に取れる案件の一つに
ラブホテルの案件があります。

何故とれるかというと
クリスマスやバレンタインなどイベントの日には
どこも満室で入れないからですね。


ラブホテルを検索するユーザーは
ムードのある高いホテルをあらかじめ予約
しているような人ではないわけです(笑)

またラブホテルは当日にそのまま行く事が多くて
予約していく人はあんまりいないんじゃないかと思います
予約自体を受け付けていない所も多いですし。

もしくは流れで
そのままラブホに行く事になった人も多いはずです。

そしていざ自分が知っている目星をつけていた
ラブホに行ってみて「全部満室」で
これはヤバイと初めて思います

このままじゃムードもぶち壊しだし、
ラブホ探しで何時間もウロウロしてたら
彼女も切れ出すでしょう。

私も以前クリスマスに同じような状況で
ラブホ探しをした事がありました。

その時は確か地名+ラブホテルなんかで検索して
ウロウロしてましたが
他の数十組のカップルも同じように必死に探してました。

最初に合ったカップルと別のラブホでも会って
「ここも満室でしたよっ」て教えてあげたり(笑)

その状況が日本全国の繁華街で起こるわけですから
取れて当然ですよね。

しかも有料案件とかも全く気にしないです。
とにかく今すぐどこでも良いから
空いているラブホを見つけないとマズイわけですから。

そんな時にユーザーが検索するワードを考えて
SEOで上位にあげる。

そして
「クリスマスや週末でどこも満室で困っているあなた
ここのラブホ検索サイトなら空いているラブホテルが
見つかります」


なんて今適当に考えましたけど
こんな文言で誘導したらほぼ登録してくれます
(CVR半端ないです)

普通に考えて地名+ラブホ(ラブホテル)(カップルズホテル)
なんかは検索数が多いと思いますが
それだとライバルも多いし他のワードも考えないとダメですね

ラブホを諦めてビジネスホテルを探す層も多いでしょうから
そこまで捉えられたら完璧ですね。

ライバルの居ないワードを考えるなら
実際にGoogleや知恵袋などを使って
「ラブホ 満室」などで検索して見ると
色々なワードが浮かんでくるはずです。

ラブホテルの広告は
金曜日や土曜日や祝日前に
成果が跳ね上がったりだとか、

非常にユーザーの特性が表れる案件で
私的に好きな案件の一つです。

以下サイトはとても参考になります。

アフィリエイト情報Ranking